エイチ・アイ・エス(9603)【羽田国際空港線の発着枠増加が追い風。カジノ関連でも注目】

エイチ・アイ・エス  [9603] 東証1部 時価:5,510円

エイチ・アイ・エス(9603)は2020年東京オリンピック開催が決定したことにより、今後は日本の玄関口として羽田の存在感が高まってきたことにより、大きな恩恵を受ける事から注目したい。先日、羽田空港の発着の国際便が来春に約5割増え86便になる見通しとなった。海外及び国内航空券販売に強みを持つ同社への中期的な成長期待が高まってくると考えられる。更に、ハウステンボスでの「100万本のバラ際」等のイベントが人気だったテーマパーク事業の伸長等により、第三四半期業績は2ケタ増収増益を達成。来期は14年3月に羽田国際線の発着枠が年間3万回増加し、合計9万回となる予定。好調が続くテーマパーク事業に、旅行事業の回復が加わり、来期は今期以上の営業増益が期待出来るでしょう。ハウステンボスの一部で将来的にカジノ運営が行われる可能性があることにも引き続き注目したい。
2013/10/07 7:40