日本エンタープライズ(4829)【業績好調につき、4期連続の増収、増益へ!】

日本エンタープライズ  [4829] 東証2部 時価:20,500円

日本エンタープライズ(4829)は携帯電話向けコンテンツの制作・提供と他社のコンテンツ制作・運営を行うソリューションを2本柱としている。14年5月期1Qは前年同期比26,2%の増収、同35%の経常減益。スマートフォンユーザーの取り込みが進み、コンテンツサービス事業の売上が同20,8%増加した他、中国での携帯電話販売事業の寄与や広告売上の増加で、ソリューション事業も同32,4%の増収と順調。通期予想に変更はなく、前期比20,9%の増収、同27,7%の経常増益。自社コンテンツの月額課金会員の増加やリバースオークションの月額課金の開始等で、2Q以降、利益率の改善が進む見込み。変化への対応力が同社の強み。商品開発力(コンテンツの制作力)とビジネスの創造力、そして的確なM&Aで、フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行に伴うビジネスチャンスを捉えることが出来ている。1Qは大幅な減益となったものの、今後、長期にわたり安定収益を生み出すスマートフォンの月額課金会員が順調に増えている事等から、2Q以降、利益面での不安は少ないと考えられる。尚、12月1日を効力発生日として1株100株に分割し、100株を1単元とする単元株制度に移行する。1株当たり2円の期末配当を予定しているが、株式分割を考慮すると、実質20円増配の200円(2期連続の増配)となる。
2013/10/10 7:30