タケエイ(2151)【震災の廃棄物処理が想定以上!】

タケエイ  [2151] 東証1部 時価:1,593円

建設関連産業廃棄物の中間処理、再資源化、最終処理等を主力とする、タケエイの今2014年3月期は会社側の期初計画よりも業績が上振れする可能性がでてきた。会社側は23日に、今14年3月期の業績について、期初計画に比べて、上半期は売上高が11,5億円増額の126,5億円、営業利益が3,5億円増の16億円に、通期は売上高が10億円増の250億円(前期比3%増)、営業利益が4億円増の34億円(同8%減)になりそうだと修正見通しを発表した。タケエイの今上期は、東日本震災の関連した災害廃棄物処理再資源化事業やインフラ復旧工事等のスポット案件が期初想定よりも収益に貢献。グループ連携効果の伸長等も効いた。ただ、通期については会社側はなお慎重で、営業利益の上期の増額幅3,5億円に対して、下半期は0,5億円の増額にとどめているが、10月30日に発表予定の上半期決算においては、予想以上の見通しが出てくる可能性が考えられることから、此処からの急落場面を狙ってみたい。
2013/10/25 7:40