サカイオーベックス(3408)【国土強靭化向けなど炭素繊維事業が本格化!】


サカイオーベックス  [3408] 東証1部 時価:138円

サカイオーベ(3408)は25日に今期業績の修正を発表した。14年3月期の連結経常利益を従来予想の15億円→18,2億円(前期は16,4億円)に21,3%上方修正して、一転して10,9%増益見通しとなった。同時に上期の経常も従来予想の6,5億円→9,5億円に46,2%上方修正した。原因は、染色加工事業、繊維販売事業ともに堅調に推移したことによる。又、同社は次世代の収益源として期待されてきた「炭素繊維」を4月に事業部に昇格。同社は炭素繊維束を広げてテープ状にした開繊糸の製造方法など複数の炭素繊維製造法の特許を持ち、炭素繊維中間材料を東レや帝人などに供給するのを主体としている。今後は自動車向け需要拡大が見込まれるほか、国土強靭化向け需要の増加も期待されている。シクロデキストリンを使った洗剤耐久性に優れた汗消臭加工技術、消防士向け防火衣にドット発泡加工を施すことで熱伝導性を抑制する技術の開発など、次世代の機能性加工・繊維技術を続々と開発していることからも注目出来る。
2013/10/28 7:40