ポール・HD(3657)【今期経常を一転20%増益に上方修正・株式分割も発表】

ポール・HD  [3657] 東証1部 時価:2,975円

ポールHD(3657)は、ソフトウエア・ハードウエアの品質向上をサポートする為に不具合の検出を行う「デバッグ・検出事業」と、インターネットの健全な成長をサポートするために種々のコンテンツに含まれる違法有害情報の検出や不正利用の検出を行う「ネット看視事業」を主な事業として、ゲーム業界及びインターネット業界を主たる事業領域としている。12月6日に発表した2014年1月期の連結業績予想において、3Q累計期間にて前期の通期純利益額(9,32億円)に対して、純利益10,63億円を達成した。通気の連結経常利益を18,4億円→22,5億円に22,7%上方修正、従来の2,4%減益予想から一転して19,8%増益を見込み、最終純利益12,62億円の見込みで、4期連続で最高益を更新する見通しとなった。ソーシャルゲームやアミューズメント機器のデバッグ受注が好調なうえ、海外現地業務も順調に推移していることに加え、ネット看視事業において、Eコマース向け広告審査や出品物チェック業が伸び、売上が計画を上回ることが利益を押し上げる。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の27円から5円増配して32円(株式分割により1株16円)とした。尚、同社は2014年1月9日付けの株式分割(1:2)を実施することになり、流動性の向上や投資家層の拡大が期待できることから、押し目は積極的に狙ってみたい。
2013/12/09 7:50