オンキョー(6628)【家庭用エネルギー管理システム事業に本格参入!】

オンキョー  [6628] 東証JQ部 時価:140円

オンキョー(6628)は先月始めに、長年培った高いオーディオ生産技術や品質管理ノウハウを基盤にして、市場拡大が見込まれるホームエネルギー管理システム(HEMS)事業に本格参入し、新ブランド「ONKYO ELE」を立ち上げると発表し、株価が急騰して194円まで買われ、その後値幅調整を余儀なくされていた。ところが、オンキョーの連結子会社であるオンキョーディベロップメント&マニュファクチャリング株式会社(「ODM」)が「ONKYO ELE」ブランドの第一弾製品「ONKYO HEMS」を4月から本格的に生産開始します。「ONKYO HEMS」は家庭内のエネルギーの使用状況を把握したり、太陽光発電や蓄電池と接続したりすることで家庭内のエネルギーをトータルに管理することができ、蓄電池の使用時間を設定したり、停電時に自動的に蓄電池の電力を使用できるようにしたりするなど、電力の切り替えを自動で行うことができる制御機能が大きな特徴です。この事業は同社の業績アップとブランド価値向上に大きく貢献して行くことになるでしょう。又、同社の子会社オンキョーデジタルソリューションズは、多くのスマートフォンに標準搭載されているBlutooth機能を活用し、お部屋のコンポやテレビからスマホの音楽を簡単に再生できるワイヤレス受信機「Blutooth レシーバ」を12月20日から発売し、家族や友人のスマホ等を簡単に切り替えて、よりたくさんの音楽を楽しむことが出来るようになる。同社は、ティアック(6803)、米ギブソンの3社体制で日本及び欧米を見据えた積極展開を構築しつつあり、今後の成長が期待出来る。株価は高値から約3割の押しを入れ、調整完了と共に、再上昇体制に入ってきたと考えられ注目したい。
2014/01/09 7:45