ゼニス羽田(5289)【今期経常利益を一転86%増益・9期ぶり最高益に上方修正!】



ゼニス羽田  [5289] 東証2部 時価:176円

ゼニス羽田(5289)の14年3月期第3四半期の連結経常利益は前年同期比5,1倍の12,5億円に急拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の8億円→15億円(前期は8億円)に87,5%に上方修正し、一転して86%増益を見込み、一気に9期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当研究所が試算した10−3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の3,6億円→10,6億円(前年同期は9,6億円)に2,9倍増額し、一転して10,7%増益の見通しとなった。
ボックスカルパー等のコンクリート事業部門や工事事業部門の売上が計画を上回ったことや、拠点の集約などの統合効果により採算が改善したことが利益を押し上げることになった。
同時に、株主還元の充実と、資本効率の向上や機動的な資本政策を目的に自社株買い250万株(5,9%)を発表した。(取得期間:H26年2月10日からH26年3月20日まで)
予想PERが16,3倍→6,8倍に急低下して、割安感が強まったことから注目してみたい。
2014/02/10 7:40