澁谷工業(6340)【再生医療システムに注目集まる!】


渋谷工業  [6340] 東証1部 時価:2,216円

細胞や組織を再生させる再生医療分野への異業種の参入が相次いでいる。培養に関する素材・機器から運搬まで、幅広いビジネスの可能性に着目。ベンチャーだけでなく、味の素や富士フィルムなどおおても自社の持つ先端技術を武器に参入を目指す。
近い将来に世界で年間10兆円を越えるとされる市場の争奪戦が早くも始まった。経済産業省は、30年の国内の再生医療(機器や消耗品含む)の市場規模を12年比の60倍にあたる1兆5500億円、世界規模では50倍の17兆2000億円とはじき出す。
澁谷工業(6340)はGMP対応の無菌医薬品製造ラインで国内トップで、バリデータブルな無菌化技術をはじめ洗浄減菌・充填・包装工程の自動化技術やアイソレータ技術を再生医療分野に生かし、ロボット細胞培養システムやバイオ3Dプリンター・臨床用細胞加工システム・細胞シート生産システムなどいろんなニーズに対応する技術があり、今後の伸びが多いに期待できるでしょう。同社の14年6月期通期の経常利益は従来予想の29,8億円→32億円(前期は17,3億円)に7,4%上方修正し、増益率も71,4%→84,0%増に拡大し、従来の23期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしていることから、注目できる。
2014/02/28 7:30