セントケア・ホールディング(2374)【介護ロボット事業開発を立上げ!】

セントケア・ホールデイング  [2374] 東証JQ部 時価:1,478円

訪問介護のセントケア・ホールディング(2374)は2月20日の決算説明会において、平成26年度の新たな取組みの中で、介護ロボット開発への取組みを揚げている。
既に大手電機メーカーと介護ロボットの共同開発に取り組んでおり、介護ロボット事業開発研究会の立上げや服薬支援ロボットの実証、製品化への準備といった進捗状況を報告している。3月26日に新規上場する「サイバーダイン」の前人気が高く、関連銘柄が動意づいているが、同社株も出遅れ銘柄として注目してよいでしょう。同社の業績は、今3月期台3四半期の連結経常利益は13,87億円と前年同期比14,4%増となり、経常利益の進捗率は84,2%に達している。
同社は介護ロボットの他、訪問ルート自動作成システムの開発、導入、支援サービスの事業化など、介護業界のIT化、先端的な取組みに力を入れている。更に、介護現場の人材育成の為に、国家資格である介護福祉士の取得を促し、取得後は取得費用を全額返金するなど、高齢者宅への在宅介護サービスの拠点拡大に伴い、若手社員を育てあげる試みを行うなど、他の介護業者と一線を画した経営方針が評価される可能性が高くなるでしょう。
2014/03/04 8:10