日本通信(9424)【新規顧客急増に対応するため新会社「クルーシステム株式会社(仮称)」を設立!】

日本通信  [9424] 東証JQ部 時価:18,630円

NTTドコモは24日に携帯電話会社の回線を借りてサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)がドコモの通信回線を使った際に支払う接続料を、最大56,6%減の月額123万円強とし、一挙に半額以下に引き下げると発表し、平成25年4月にさかのぼって適用し、前年度の実績に基づき算定するということになることから、同社にとって大幅な増益になる可能性がでてきた。同社は2009年3月、NTTドコモとの相互接続によりMVNO事業モデルを生み出し、実践してきた。ようやくMVNOが日本市場に浸透し始め、一つの大きな産業に育ったと判断し、昨年11月に「Time to Harvest(収穫戦略)」を宣言し、スマホ電話SIMフリーDataを始めとした新サービスを矢継ぎ早に市場投入した結果、SIM出荷数や回線開通数が、半年前に比べて4倍に急成長しています。この急激な新規需要に対して、一般的には派遣社員を大量に受け入れる等の対策で乗り切るのが普通ですが、同社は3年前から運用している「クルーシステム」という事業遂行モデルによって、人員を一切増やすことなく、成長を実現させてきました。
今後さらに現在の4倍、16倍と等比級数的に成長が見込まれるMVNO市場」への対応を図るため、受注・出荷・回線開通等のオペレーション業務等を担うための新会社「クルーシステム株式会社(仮称)」を設立しました。更に新会社において、人材活用における新機軸を打ち出す予定です。
同社は24日にも2014年業績3月期の連結経常利益を21%増の7億円、純利益を43%増の7,7億円に上方修正していますが、今後も更なる業績の拡大が予想される。尚、本日26日が1株対100株の株式分割の権利付き最終日であります。
2014/03/26 7:45