お知らせ:日本通信(9424)「MVNO」契約が急成長

携帯電話会社の回線を借りてサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の契約が2013年末時点で1375万件に上り、前年末の1010万件から36.1%伸びたことが、総務省が14日に公表したデータで明らかになった。

 それによると、携帯電話やPHSなど携帯通信全体の契約数は1億5325万件。このうちMVNOは1375万件と、全体の9.0%を占めた。

 MVNOの認知度は12年度の31%から13年度は48%に躍進。携帯電話大手のスマートフォン(高機能携帯電話)料金が高止まりしているのに対し、通信速度を抑えるなどして低価格を実現したMVNOの人気を裏付けた格好だ。日本通信(9424)は信用取引規制銘柄になり、急落しましたが、今後も「MVNO」は順調に伸びる可能性が高く、高成長が続くと思われるので押し目は狙ってよいでしょう。

.