多摩川ホールデイング(6838)【移動体通信基地局向けと、太陽光発電事業が好調!】

多摩川ホールディング  [6838] 東証JQ部 時価:347円

多摩川ホールデイング(6838)は携帯電話など無線機器や計側器製造・販売の多摩川電子が主力で、太陽光発電事業も行っている。同社の2014年3月期の第3四半期連結売上高は、太陽光システム販売事業の好調により、27.38億円(前年同期比7.8%増)となった。売上高増に伴い、売上総利益は8.48億円(同1.5.1%増)となった。
利益面では、経常利益3.19億円(増32.3%増)となり、通期計画の4.8億円に対する進捗率は65.2%となり、前年同期の64.2%とほぼ同水準であったが、第4四半期に売上・利益が偏重する傾向があるので、増額修正の可能性が期待できる。
移動体通信事業者によるスマートフォン普及に伴う通信トラフィック増加対策、不感知対策における基地局設備投資が想定を上回って推移していることに加えて、Ace社との業務提携によるコスト削減が図られたことで価格競争力が高まり、受注拡大に繋がっている。
また、太陽光発電事業は、山口県下関市のメガソーラー発電所が完成し、売電が開始され、売電収入も計画通り順調に入り、売上総利益率も50%を越える水準にあることから、2014年3月期下期以降の収益に大いに貢献する見通しである。
同社は2018年3月期までの中期計画において、売上高100億円、営業利益率20%、ROE20%を目標としていることから、押し目を狙ってみたい。
2014/05/02 7:30