サンリオ(8136)【「ライセンス事業の選択と集中」で更なる収益力アップを目指す!】


サンリオ  [8136] 東証1部 時価:2776円

サンリオ(8136)は、21日の機関投資家向けIR説明会で、「ライセンス事業の選択と集中を進める。人気キャラクター「ハローキティ」などのライセンス供与先について、国内では有力企業に絞る。海外ではテーマパークなどにキティの世界を丸ごと供与する提携を増やし収益力を高める。在庫や設備を極力持たないキャラクターのライセンス事業を一段と効率化する。」と発表した。
 日本からのキャラクター輸出では、今年40周年を迎える「ハローキティ」などのライセンス供与先を有力企業に絞る戦略を進める。国内の有力企業が海外進出先でキティなどを活用してもらうことで、知名度とブランド価値をそれぞれ高める狙いがある。
 海外では一商品のライセンス展開だけでなく、テーマパークなどでキティの世界を丸ごとライセンス供与する戦略を進める。英国では欧州初のキティ常設のアトラクション施設が開業した。
 このほか中国では現地のライセンス契約の代理店による新規出店を加速。米大リーグ全30球団とのライセンス契約で北米事業も強化する。
 物販事業も注力する。訪日客の増加をにらみ、アジアなど海外客を狙った店舗展開や商品開発などを進め収益源に育てる。赤字が続くテーマパーク事業でも「サンリオピューロランド」の赤字幅の大幅縮小を見込む。前期は設備投資などがかさんだが、今期は入場料値下げによる来場者増を目指すなど、事業の選択と集中を加速させて更なる収益力アップを目指すサンリオの成長に注目できる。
2014/05/29 8:00