ハピネット(7552)【「妖怪メダル第3章〜進化妖怪のヒ・ミ・ツ〜」は即日完売!】

ハピネット  [7552] 東証1部 時価:1,595円

小学生を中心に爆発的な大ヒットになっている「妖怪メダル第3章〜進化妖怪のヒ・ミ・ツ〜」が先週の土曜日に売り出されましたが、ほとんどのお店が数時間で完売となるほどの人気です。
この「妖怪ウオッチ」に関連する生産体制に対して、バンダイナムコは「我々の想定を超える人気となっており、お客様にご迷惑をおかけしております」と述べた上で、フィリピン工場での生産も行うことで生産体制の増強を図ることを発表しております。
主力となる「妖怪メダル」は1月の発売以来3月までに700万枚を発売する一大ヒット商品となったが、6月末までの累計生産台数が3000万枚に達する予定を発表し、加えて、玩具やカード、プラモデルなど、「妖怪ウオッチ」関連の新商品展開を図っていく考えを示しております。
ハピネットの売上における玩具部門で、バンダイ製品が53%以上を占めていることから、バンダイの増産によって、ハピネットの売上・利益ともに伸びることは想像に難くない。
更に、昨年7月にはニンテンドー3DS用ゲームソフトの販売が急拡大。5月には販売本数が100万本を突破した。ゲームソフトは発売直後に最も売れるのが一般的で、発売から半年後に”後伸び“するのは異例なことです。7月には続編の新作ゲーム「妖怪ウオッチ2元祖/本家」が発売を予定しているなど、「妖怪ウオッチ」旋風はますます加速している。
同社は15年3月期についても、「妖怪ウオッチ」「列車戦隊トッキュウジャー」「仮面ライダー鎧/ガイム」「アイカツ」「ウルトラマンキング」「テンカイナイト」等、キャラクタービジネスに挑戦し、玩具を主軸としてグループシナジーを活かして展開する方針であることから、今後の活躍に期待がもてる。
2014/06/09 7:40