キタック(4707)【上期経常利益が2,7倍の増益・通期計画を超過!】


キタック  [4707] 東証JQ部 時価:357円

キタック(4707)は新潟地盤の総合建設コンサアルタントで、地質調査、土木設計が中心で官公庁の依存度が大である。同社は「防災のキタック」と呼ばれ数多くの復旧・復興業務を全国に展開すると共に、地理情報システムを活用した地形・地質解析技術やGPSを活用した斜面監視システム等を駆使した防災活動を行っており、その活動が認められ、第9回「渋沢栄一賞」など数々の表彰を受賞している。最近は各地に豪雨が発生しており、同社の最も得意とする災害対策やモニタリングが好調に伸びている。その他、地質・地盤の保有データは新潟から東北へと対象地域を拡大し、地盤崩落や地滑り対策の防災調査・解析、土壌・地下水汚染調査などまで深く携わっている。
業績は好調で、14年10月期第2Qの経常利益は前年同期比2,7倍の3,4億万円まで拡大し、通期計画の1,8億万円に対する進捗率が185,6%と既に上回り、更に5年平均の129,1%も超えていることから、更なる業績拡大が予想される。
2014/06/12 7:45