渋谷工業(6340)【再生医療の専用工場が完成!】


渋谷工業  [6340] 東証1部 時価:2928円

渋谷工業(6340)が金沢市の金沢テクノパーク内で再生医療システムの専用工場を10日に完成させた。約7,1億円を投じて、鉄骨3階建てで、述べ床面積は約3150平方メートルで、再生医療専用の工場は日本初であります。7月の稼動を予定しており、同社の渋谷弘利社長は「3年後には再生医療で100億円を売上げ、更に新たな工場を建てられるようにしたい」と事業拡大に意欲を示している。細胞培養システムやバイオ3Dプリンターの最終組み立て、テスト稼動を行う。建物内の気圧を高め、雑菌などが外部から入るのを防ぐ機能などの特徴がある。最初は30人体制でスタートし、増員を予定している。最大で売上高50〜70億円の生産能力があるという。政府は成長戦略会議で、再生医療を目玉の一つに盛り込んでおり、再生医療拠点を京都大学のiPS細胞研究所を中心に進める模様であり、同社は京都大学にバイオ3Dプリンターやロボット細胞培養システム、臨床用細胞加工システム、細胞シート生産システムなどを納入するなど、協力体制を構築しており、世界初のiPS細胞による再生医療の実用化に大きく貢献することになり、同社の成長が飛躍的に伸びることが予想されます。
2014/06/12 11:20