ハピネット(7552)【映画「私の男」がモスクワ国際映画祭で「最優秀作品賞」受賞!】


ハピネット  [7552] 東証1部 時価:1,614円

世界的な映画祭の1つ、ロシアのモスクワ国際映画祭の授賞式が開かれ、日本から出品されていた熊切和喜監督の映画「私の男」が最高賞のグランプリ(最優秀作品賞)を受賞した他、主演の浅野忠信さんが「最優秀男優賞」に選ばれました。グランプリは1999年の「生きたい」以来15年ぶり、「最優秀男優賞」は1983年の加藤嘉さん以来、31年ぶりの快挙です。この映画は、人気作家桜庭一樹さんが直木賞を受賞したベストセラー小説が原作で、10歳のときに震災孤児となった少女と、少女を引き取った男性との禁断の愛をテーマにした作品です。製作は「私の男」制作委員会(ハピネット(7552)、日活、マックレイ、ドワンゴ(3715)、GyaO!)によって製作されており、6月14日から全国一斉に公開されており、こらから人気が急上昇することになるでしょう。
また、6月28日〜29日の2日間、幕張メッセにおいて開かれた「次世代ワールドボビーフェア」でも、「妖怪ウオッチ」関連コーナーが超人気ぶりで、7月10日に発売される任天堂3DS向けの「妖怪ウオッチ2元祖/本家」の試遊台は潤沢に用意されていたが、それでも整理券は早々に消滅するなど、今年の夏の人気を独占する作品となることが予想される。
ハピネットは、中間流通業のノウハウを結集した「最適流通システム」を基盤として、玩具、映像・音楽ソフト、ビデオゲーム、アミューズメントと幅広くエンタテイメント商材を日本全国に届けており、この様に人気作品を数多く取扱っている強みがあり、更に業績が拡大する余地があります。
2014/06/30 7:11