お知らせ:JVCケンウッド(6322)

本日の日刊工業にJVCケンウッドが出資しているZMPに関する記事が出ています。

ZMP、自動運転技術の開発キット「IZAC」を来年7月投入−インテルCPU搭載
掲載日 2014年07月04日
 ZMP(東京都文京区、谷口恒社長、03・5802・6901)は、自動運転技術の開発用キット「IZAC(アイザック)」を開発した。米インテルから出資を受け、開発した製品の第1弾になる。9月に試作品の提供をはじめ、2015年7月に約400万円で発売する予定。18年に売上高100億円の事業を目指す。
 自動運転のセンサー情報などを高速処理し、リアルタイムで駆動制御に反映できる。障害物検出や白線検出、軌道生成などのアルゴリズムを順次追加し、ソフトウエア部品として販売する。自動車メーカーなどの開発者は、それぞれ開発したソフト部品を組み合わせて機能を検証できる。インテルは自社CPUベースの開発キットの普及を後押しし、車載CPUへの採用を狙う。