渋谷工業(6340)【ドイツの大手医薬品マーカーから医薬品の充填装置を大量受注!】


渋谷工業  [6340] 東証1部 時価:3,105円

渋谷工業(6340)によると、米国向けの医薬品充填装置で、約23億円の大型受注を獲得した模様です。
ドイツに本社がある世界でも20社以内の大手の医薬品メーカーからの発注で、米国拠点の設備投資用に医薬品充填装置を納入することが決まりました。
又、ペットボトル飲料向けは、中国やタイ、インドネシアで需要が急拡大しており、引き合いが増加しており、今後も海外市場で受注獲得に力を入れる方針である。更に、中国でソーセージのチューブ詰め装置、インドネシアではカップ麺の充填装置など食品関連の受注も増えている。
同社は、海外向けのパッケージプラント事業の拡大を要因に、2014年6月期は増収増益を予想しており、今期(15年6月期)の連続売上高は前期比で約100億円の増加を見込んでいる。
又、再生医療に関しては、6月に再生医療専用の工場が完成して、7月より稼動を初めております。
同社は株式会社サイフューズと共同で、様々な種類の細胞を自在に3次元配置する世界初の「バイオ3Dプリンター(Regenova)」を開発しております。既に、山口大学には、最新鋭の細胞培養システム「CellPRO」などの再生医療システムを納入済みであります。現在、山口大学の再生・細胞療法センターで、世界初の自己骨髄細胞を用いた肝臓再生医療に取り組んでおり、再生医療の実用化では世界一早いと見られていることも注目できます。
2014/07/07 7:15