ケミプロ化成(4960)【曲げられる有機EL照明の世界初の量産化に貢献か!】

ヶミプロ化成  [4960] 東証2部 時価:201円

次世代化学材料技術研究組合(CEREBA)が、曲げられる有機EL照明の量産技術を世界で初めて開発して、この秋以降、メーカーが日本国内で量産を始めるという。
ガラス基板の代わりに透明な樹脂フィルムの上に発光層を形成する。薄くて折り曲げられるので家具や自動車、航空機などの内装のデザインを損なわずに張り付けられる。
有機EL照明は電圧をかけると自ら発光する有機物を使った照明で、薄くて軽い、発熱が少ないなどの特徴があり、国内外で実用化が始まったばかりである。
コニカミノルタ(4902)も100億円の設備投資をして、山梨県に建設中の工場で、(CEREBA)の技術を使って有機EL照明を量産する予定である。
ケミプロ化成は、有機ELの世界的権威である山形大学有機エレクトロ研究センターの城戸教授などと共同で、十数年前から取り組んでおり、有機EL関連の特許も多数取得しています。
更に、有機EL材料の研究開発拠点の福島研究所に隣接地や敷地に新工場の建設を始めており、各メーカーの量産に対応出来るように急ピッチで工事を進めています。世界初の有機EL照明の量産がスタートしたことから、同社に対する注目度も一層大きくなることでしょう。
2014/07/09 7:35