クックパッド(2193)【高齢化社会に対応した「えんげ食」で注目!】

クックパッド  [2193] 東証1部 時価:2186円

クックパッド(2193)については過去に何回も推奨しておりますが、今回は新しい視点から注目してみたいと思います。
 東京都中央区にあるビルの一角。一般公開していない調理スタジオで管理栄養士の女性が作っているのは、食べ物を飲み込むのが困難になっている高齢者にも食べやすい「えんげ食」だ。舌の力で崩れるほど軟らかく調理してあり、介護施設などで需要が伸びている。それを見越し、約4千万人が利用する料理レシピのサイトを運営するクックパッドが6月に動いた。栄養食のニュートリー(三重県四日市市)と連携し、豚のしょうが焼きなど二十数種類のレシピをサイトに公開した。
 高齢者を抱える家庭でもタブレット(多機能携帯端末)などでレシピを見ながら、えんげ食を作れる。そのノウハウを持つのがニュートリー。調理スタジオで定番メニューを「えんげ食」化するレシピを続々開発する。豚のしょうが焼きは通常の方法で調理した後、ミキサーですりつぶす。さらにゲル化剤を入れ、鍋で煮立つとラップに包み、冷やし固める。スプーンで形を整えた後、バーナーで表面に焦げ目をつけると完成だ。高齢化に商機!
 クックパッドは利用者の8割が20〜40代。それでもシニア向けの食事をテーマに取り上げるのは、65歳以上の人口比率が21%を超えた「超高齢社会」を見据えるためだ。えんげの障害がある高齢者は60万人超。ただ、えんげを対象にした料理本やウェブサイトはわずか。だからこそ商機があると判断したのだ。会員が投稿するレシピは171万品にのぼる。高収益を支えるのは月280円(税別)を払う有料会員からの収入と広告収入。コンテンツの拡充で、有料会員は130万人と過去最高を更新。広告収入も増えている。日常生活に欠かせない「インフラ」になることを目標に掲げて高齢化社会と向き合う。生活習慣病を患う成人、高齢者らに狙いを定めたコンテンツは「事業領域を広げるうえで大きな可能性を秘めている」(菅間淳執行役)。昨夏、専用サイト「健康レシピ」を開設。糖尿病患者の治療食、高齢者向けのえんげ食など専門性の高いテーマを主力コンテンツに育てる。
株価は1月高値3540円に向けて、1か月間の持ち合い離れの様相を呈しており、注目したい。
2014/07/15 7:15