三菱重工業(7011)【動体追尾照射機能搭載の放射線治療装置を受注!】




三菱重工業  [7011] 東証1部 時価:680円

三菱重工業(7011)は、広島県で2015年秋に開業が予定されている最先端がん放射線治療施設の高精度放射線治療センター(仮称)向けに動体追尾照射機能搭載の放射線治療装置(Vero4DRT)を受注したと発表した。受注額は非公表。
 高精度放射線治療センターは、広島県医師会が運営主体となり、広島大学病院、県立広島病院、広島市立広島市民病院、広島赤十字・原爆病院の4基幹病院と広島県医師会、広島市および広島県による7者の共同事業として運営されるもの。
Vero4DRTは、呼吸などの影響で揺れ動くがん病巣をリアルタイムにモニタリングしながら追尾し、狙った病巣にピンポイントでX線を連続的に照射できる動体追尾放射線治療が可能な放射線治療装置で、照射部位における線量分布の強度を変調させ、多方向から照射することで、複雑ながん病巣の形状に適合した高線量領域をつくるとともに、周辺の正常細胞への照射線量を減らす強度変調放射線治療(IMRT)にも対応していることから、同センターの目指すコンセプトに合致した最先端の高精度治療を提供することが可能になります。
がんに関しては、患者にとって優しく、かつ効果的な治療の普及が期待されており、放射線治療は体にメスを入れない優しい治療ということで、放射線治療を行う施設の増加が見込まれることから、同社は積極的にVero4DRTの拡販を進めて行く方針としている。尚、決算発表は7月31日を予定しています。
2014/07/28 7:45