お知らせ:ケミプロ化成(4960)BASF関連で注目

BASF 自動車用塗料 上海新設備稼働


【上海=白石孝祐】BASFが上海化学工業区(SCIP、上海市)で建設を進めてきた自動車塗料生産設備が完成、稼働した。約5000万ユーロを投資し2013年初めに着工していた。さらに同生産設備に隣接して塗料用樹脂、カチオン電着塗料の新工場を建設中で、15年下半期の稼働開始を目指している。新エネルギー車用素材を含め、成長が続く中国自動車産業で存在感をさらに高める構え。(化学工業日報)