ケミプロ化成(4960)【パナソニックなど4社が中小型有機ELを共同開発へ!】

ケミプロ化成  [4960] 東証2部 時価:220円

パナソニックとソニー、ジャパンディスプレイ(JDI)の3社は、中小型有機ELパネルを共同開発するため、官民ファンドの産業革新機構を含めた4者で年度内に新会社を設立することが30日、分かった。有機ELパネルをタブレット端末やノートパソコン、スマートフォン向けでの実用化に向け技術力を結集する。
 新会社名は「JOLED(ジェイオーレッド)」。議決権比率は、革新機構が75%、JDI15%、パナソニック、ソニーが各5%を持つ方向で調整しているようだ。
 有機ELパネルは液晶パネルより薄くて軽く、高精細、低消費電力といった特徴がある。開発ではソニーが先行して業務用などで展開。テレビなどの大画面用途ではパナソニックとソニーが量産技術確立に向けて共同開発に取り組んだが、生産コスト低減で難航。中小型液晶最大手のJDIは2012年から中小型有機ELパネルの開発に取り組んでいる。
ケミプロ化成は各メーカーの量産体制に合わせて、福島研究所隣接に有機EL材料の新工場を建設中で、15年5月に完成し稼働する予定である。尚、本日31日より貸借取引申込停止措置が解除されました。
2014/07/31 8:20