インタースペース(2122)【スマホ向け動画広告配信会社「アップベイダー」と資本提携!】

インタースペース  [2122] 東証M部 時価:1,333円

インタースペース(2122)は、5日、スマートフォンアプリ向け動画広告配信ネットワーク「AppVador」を運営するアップベイダー株式会社と資本提携をしたと発表しました。日本国内のインターネット動画広告市場は、2013年の132億円から2017年には640億円(約5倍)にまで拡大し、インターネット広告市場全体に占める動画広告構成比は6.9%まで増加すると予測されています。
2013年12月に設立したアップベイダー株式会社はスマートフォンアプリケーション向けの動画広告配信サービスである「AppVador」を開発し、提供開始から半年ですでに、契約広告代理店数が30社、配信可能インプレッション数は15億とサービス業を中心に幅広い企業に利用されている。今回の提携により、同社が運営するアフィリエイトサービス「アクセストレード」が配信するバナー広告に動画素材を活用することで、ユーザーと広告のエンゲージメントを高めて、より高い広告効果の実現が期待されます。
更に5日大引け後に決算を発表。14年9月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比51.5%増の6.4億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の6.3億円→7.7億円(前期は5.9億円)に21.9%上方修正し、増益率が7.0%増→30.5%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。会社側によると、主力事業であるインターネット広告事業において、「ストアフロントアフィリエイト」の提携販路稼働率の向上や、「eコマース」カテゴリーの伸長等により当事業は順調に推移しており、また、メディア運営事業において「ママスタジアム」の利用者数増加に伴い、広告売上も堅調に推移したことから利益面への貢献が高まり、営業利益、経常利益、および当期純利益は当初予想を上回る見通しとなっています。
2014/08/06 7:35