西武ホールディング(9024)【西武鉄道の「妖怪ウオッチ」のスタンプラリーが大人気!】


西武ホールディング  [9024] 東証1部 時価:2,263円

西武ホールディング(9024)の15年3月期第1四半期連結の当期利益は20,4%増の64,73億円となり、通期利益を273,4億円と49,3%増の伸びを見込むなど業績好調である。
好調の原因の一つに、鉄道各社が行っているこの夏一番の話題のスタンプラリーで注目を集めているのが、西武鉄道が7月19日から開催している「妖怪ウオッチスタンプラリー」である。スタンプラリーと同時にラッピング電車も運行を開始した。スタート直後から多くの子供が殺到。あまりの人気ぶりに、10の駅に設置しているスタンプ台では順番待ちの列が出来ている。一部の賞品が一時的に品切れとなり、当日に引き換えが出来ない事態も起きて、「予想を大幅に上回る売れ行きにビックリしている」とスタンプラリーを企画した西武鉄道の担当者はうれしい悲鳴を上げています。
また、8月6日からは、世界的なヒットとなっているアニメ「進撃の巨人」とコラボレーションし、「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in秩父」を開催している。作品中に登場する「紅蓮の弓矢」を特急“レッドアロー”号とかけたキャッチコピーや、「ウォール・チチブ」など遊び心満載でファンを取り込む狙いだ。西武グループはアニメを生かしながら、沿線価値の向上、地域貢献を図っている。広義での市場規模は約1,3兆円に達し、海外輸出などで今後の発展が期待されるアニメ産業。その拠点の多くが集積する西武沿線のアドバンテージは大きい。長年にわたって培ってきた西武鉄道とアニメの良好な関係が「アニメの西武」という評判を作り出し、ひいては沿線価値の向上につながっているのは間違いない。
2014/08/11 7:25