第一屋製パン(2215)【「ポケモンパン」の好調で業績上方修正!】


第一屋製パン  [2215] 東証1部 時価:121円

第一屋製パン(2215)は8月4日に業績修正を発表している。14年12月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の1.5億円→3.5億円(前年同期は3億円)に2.3倍上方修正し、一転して14.8%増益見通しとなった。 修正した上期予想が通期計画の3億円を既に16.7%上回ったことで、通期業績の上振れが期待できる。特に「ポケモンパン」などキャラクター菓子パンの販売が好調で、売上が計画を上回ったことが寄与。原価低減も利益を押し上げた。ポケモンパンは、1998年6月から第一パンが発売しているシリーズ商品で、パッケージにポケミンのキャラクターが描かれているほか、「デコキャラシール」がおまけとして付いているのが特徴で、商品にはキャラクターの名前、あるいは「ポケモン」の文字が入っている。そのシールを集めたくて何個も買い求める子供が多くなっている。
更に、第一屋製パンは、2014年7月19日(土)の『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」同時上映「ピカチュウ、これなんのカギ?」』の全国公開にあわせ、2014年7月4日(金)から8月31日(日)の期間、株式会社ナムコとタイアップし、「ポケモンパン×ナムコ」キャンペーンを実施しています。
2014/08/11 7:30