ルネサスエレクトロニクス(6723)【システムLSIの機能向上を目指したコンソーシアムを設立!】


ルネサスエレクトロニクス  [6723] 東証1部 時価:858円

ルネサスエレクトロニクス(6723)が、システムLSI(大規模集積回路)の機能向上を目指したコンソーシアム(共同企業体)を近く設立することが分かった。ソフトウエアなどの関連企業が参画して2015年4月に活動を開始。同社のシステムLSIを土台にした高機能なソリューションをメーカー各社に提供し、生産性の向上を後押しする考えだ。 
同社は今回の「R−IN(アールイン)コンソーシアム」に、ソフトウエアや基本ソフト(OS)、情報システムの企画・設計から開発、保守・運用などを請け負うサービスシステムインテグレーション関連の企業を募集。共同開発などに取り組み、工場で使う産業用ロボットの開発期間の短縮を目指す。 製造業の現場では現在、産業用ロボットにセンサーを取り付け、稼働データを集めて生産効率化に生かす動きが広がっている。
ルネサスは、産業ロボット向けに複数の通信規格に1つのチップで対応するシステムLSIを提供しているが、R−INコンソーシアムの取り組みを通じて機能の向上を図る。既にコンソーシアムには国内外の約50社が参加の意向を示しており、ルネサスは15年度中に100社までの拡大を目指す。同社はコンソーシアムで一定の成果を出し、こうした分野のシステムLSIで先行することで、シェアの拡大につなげる。
更に、同社は本日、ザ・プリンスパークタワー東京で、プライベート展「Renesas DevCon Japan 2014」を開催します。同プライベート展は、国内で初めて開催する大規模なプライベート展で、同社と100社以上のパートナー企業が一堂に会し、「一歩先の世界へ〜Keeps you ahead of the challenges〜」をテーマに、制御とITの融合により、安心、安全、快適で、環境にやさしい社会の実現に貢献する各種ソリューションをご紹介するなど、将来の高成長が期待できる事業基盤が育ってきていることに注目しておきたい。
2014/09/02 7:40