ユビキタス(3858)【指紋認証センサー付きエンジン始動ボタンでエンジン始動に注目!】

ユビキタス  [3858] 東証JQ部 時価:1561円

ユビキタス(3858)は、9月2日に紹介したルネサスエレクトロニクス(6723)関連として、今後脚光を浴びることになるでしょう。9月2日に行われた「Renesas DevCon Japan 2014」において、手をかざすだけでエンジンがかかるといった自動運転技術が紹介されております。これは、株式会社MoriX(東京都中央区の非上場会社)が開発した世界初の指紋認証センサーをハンドルに実装し、事前に登録された人が指紋をタッチすることでドライバーの個人認証を行い、エンジンが始動するという画期的な技術が紹介されている。このことは、自動車の盗難、セキュリティ対策や、アルコールセンサー等、業務用車両の運行管理、安全管理など高精度な車両管理システムやスマートカー向けの新しいサービスが提供できるなど、高成長が期待できる車載事業に進出したことで、2007年に高速起動ソリューション「クイックブート」を開発して以来の好材料が出現しました。その当時、公募価格10万円(現修正株価1000円:100分割)→514000円(修正株価5140円)まで上昇しており、今後もその当時の人気化する期待が出てきました。詳しいことは9月25日に本社で開催される「Ubiiquitous QuickBoot」紹介セミナーで紹介される予定であります。


ユビキタス(3858)JQ 1、561円 9月4日