サンリオ(8136)【男性向け新ブランドを立ち上げ、アパレル10社と契約!】

サンリオ  [8136] 東証1部 時価:2,985円

サンリオ(8136)はハローキティの男性向けブランド「HELLO KITTY MEN」を立ち上げる。男性向けのアパレルメーカー約10社とライセンス契約する計画。年明けにも商品を販売し、客層を広げる。サンリオは来年2月のバレンタインデーに合わせて時計やシャツの袖口のカフスボタンなど少なくとも10アイテムを販売。まずは女性から男性へのギフト需要を狙う。20〜30代前半の男性が気軽に身に着けられる商品を展開する。商品の発売に先立ち、サンリオは10日から16日まで、阪急阪神百貨店が運営する阪急メンズ・トーキョー(東京・千代田)で新ブランドをイメージしたTシャツやアート作品計10点を展示した企画展を開催する。
  男性向け商品についてはこれまでにも数社のアパレルブランドとライセンス契約し、ネクタイや帽子などを販売してきた。だが男性向け商品の売上高は全売上高の1%程度にとどまっている。新ブランドを立ち上げ、統一したイメージで商品を展開することにより、18年3月期には10%に押し上げたい考えだ。7月31日に発表した、15年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比3,8%増の42,8億円と、順調に伸びている。
又、TBSテレビの「ぐでたま」がLINEスタンプで1位になるなど、ゆるキャラの開発も促進しており、台湾、中国などアジア圏でも好調が続いており注目できる。
 1974年に誕生したキティは女性を中心に人気が高く、現在は日本を含めて約130の国と地域で展開している。年間の商品数は約5万種類に上り、今年は40周年を記念したイベントや限定商品の企画も多い。
株価は昨年の高値6270円から半値の水準で底値圏にあることから、注目しておきたい。
2014/09/08 8:20