お知らせ:日本アビオニクス(6946):アゼアス(3161):日本エアーテック(6291)に注目!

ウガンダ保健当局が、エボラ出血熱と同様な症状を引き起こす致死率の高いマールブルグ出血熱で男性が死亡したと発表した。死亡した男性と接触のあった80人が隔離され、このうち、男性の兄弟にマールブルグ出血熱の症状がでているという。マールブルグ出血熱は、エボラ出血熱と同じウイルスが引き起こし、14日の潜伏期間の後、激しい頭痛に続いて出血の症状が表れ、9日以内に80%の確率で死亡に至る。ワクチンや有効な治療法が無く、赤外線サーモグラフの日本アビオニクス(6946)や、防護服のアゼアス(3161)やクリーンルームの日本エアーテック(6291)が再度注目される。