オリジン電気(6513)【上期経常利益を45%上方修正、通期見通しも増額修正!】

オリジン電気  [6513] 東証1部 時価:401円

オリジン電気 (6513) が10月6日大引け後に業績修正を発表。15年3月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の10億円→14.5億円(前年同期は0.1億円)に45.0%上方修正し、増益率が83倍→121倍に拡大する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の16億円→20.5億円(前期は10.5億円)に28.1%上方修正し、増益率が51.1%増→93.6%増に拡大する見通しとなった。会社側からによると、平成27年3月期第2四半期連結累計期間の業績は、平成26年5月14日の業績予想発表時点の予想に対し、エレクトロニクス事業の電源機器及びコンポーネント事業の精密機構部品の販売が増加したことにより、売上高、営業利益ともに前回予想を上回り、加えて為替の影響もあり、経常利益についても前回予想を上回る見込みとなり、純利益も減損損失の2,28億円を計上しながらも前回予想を上回って11,5億円となっています。
又、同社はタブレットなどの液晶パネルと表面保護膜(カバーパネル)を張り合わせる「新型液晶パネル向け張り合わせ自動装置」を開発している。この装置は「従来機の4〜8インチ型の液晶対応からノートパソクン等に使われるディスプレーの寸法が最大17インチまで対応した一方、新開発の張り合わせ方法で処理時間を半減させることが可能になり、関連製品を含めて3年後までに計150億円の売上げを目指している。PER11,7倍、PBR0.69倍からみて割安なことから注目したい。

2014/10/07 7:30