サントリーBF(2587)【「伊右衛門 特茶」販売計画を上方修正で最高益更新!】

サントリーBF  [2587] 東証1部 時価:3,885円

サントリー食品インターナショナル(2587)は、好調な販売を続ける特定保健用食品「伊右衛門 特茶」の年間販売目標を当初の800万ケースから1,000万ケースに上方修正しました。
 「伊右衛門 特茶」は、トクホ飲料史上で初めて“脂肪の分解”に着目した、“体脂肪を減らす”のを助ける特定保健用食品です。また、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した国産茶葉を使用し、食事の際だけでなく仕事中や様々なシーンでの飲用に適した、毎日飲み飽きない味わいが特長です。発売2年目となる今年の販売も非常に好調に推移しており、7月下旬には600万ケースを超えたことから、今回、年間販売目標を1,000万ケースに上方修正しました。
更に、好調な清涼飲料水や、急増するボトル缶コーヒの需要に対応するため、主力工場の一つである榛名工場において、32億円を投じ、飲料用PETプリフォーム自製ラインおよびボトル缶コーヒー製造設備を拡充し、2015年春から順次導入します。将来的には内製化することによって、更なる薄肉化によるペットボトルの軽量化も可能となるなど、成長に向けた設備投資を加速していきます。業績は14年12月期上期の連結経常利益は前年同期比31,3%増の330億円に拡大していることから押し目を注目しておきたい。
2014/10/09 8:10