日本高純度化学(4973)【マイクロコネクター用硬質金メッキの伸びが拡大!】


日本高純度化学  [4973] 東証1部 時価:2,252円

日本高純度化学(4973)は、エレクトロニクス業界において、各種貴金属メッキ液の開発・製造・販売で、技術・シェアとも世界で圧倒的な地位を確保しております。同社は昨日15年3月期第2四半期非連結と通期の業績予想を修正しております。第2四半期の経常利益を従来予想の4,2億円→6,3億円(前年同期は5,7億円)に50,0%増額修正しており、同時に、通期の経常利益は従来予想の9億円→11億円(前期は10,2億円)に22,2%増額修正し、一転して7,3%の増益見通しとなった。
修正理由は、マイクロコネクター用の硬質金メッキの拡販により、スマートフォンや車載分野でのシェアが伸びているほか、ワイヤボンディング用の純金メッキはメモリ向け需要が増大しております。更にサーバー用の金メッキ薬品は需要の減少を見込んでいたが、想定より落ち込みが小さかったことから、増額修正となっております。
株価は9月26日の2436円から75日移動平均線近くまで押し目を形成しており、注目したい。
2014/10/15 7:40