FFRI(3692)【情報セキュリティの「特化型脅威対策」に強み!】

FFRI  [3692] 東証M部 時価:9730円

FFRI(3692)は、サイバーセキュリティの研究開発企業で9月30日に東証マザーズに上場した。近年、企業のサーバーにウイルスが侵入して情報を盗んだり、個人がネットバンキングで意図せず不正送金させられてしまったりなど、サイバーセキュリティに関する事件が多発している。従来技術では守ることが困難な領域が急速に広まったためで、同社はこの領域での研究開発を進める日本唯一の企業である。
同社の強みは「ヒューリスティック検知技術」。従来技術は「パターンマッチング」といい、例えるなら、ウイルスの指名手配リストを事前に作成し、これと照合することで防御するというもの。しかし、近年はウイルスの数が急増している上に、特定の組織を攻撃する「特化型脅威」の場合にはその都度、新種のウイルスが使われるため、パターンマッチングでは対策が困難になっている。
一方、同社の「ヒューリスティック検知技術」は顔でなく特有の動き、泥棒であれば、「家の前をうろつく」「ドアをこじあけようとする」といった行動パターンを検知して防御するため、新種ウイルスにも有効である。「特化型脅威対策」を手掛ける競合は北米に数社存在するが、安価なソフトウエアで対策を提供できるのはFFRI社だけである。
「特化型脅威対策」の市場は今後5年で6倍に拡大するとの予測もあり、今後は中小企業やコンシューマー向けにも販路を拡大するほか、スマホなどAndroid向け製品の開発・販売、海外展開も視野に入れていることから、業績の急拡大が見込まれ、注目したい。
2014/11/06 8:20