田淵電機(6624)【蓄電ソリューション事業強化、中国製LiB採用も!】

田淵電機  [6624] 東証2部 時価:1,035円

 田淵電機(6624)は、リチウムイオン2次電池(LiB)を搭載した蓄電ソリューション事業を強化する。主力製品の太陽光発電用パワーコンディショナー(PCS)では2015年、蓄電池とのハイブリッドPCS「EIBS(EneTelus Intelligent Battery System)(アイビス)」の本格展開を開始する。国内のほか北米市場での深耕を図る。現状では日系メーカー製のLiBを搭載するが、コスト競争力の強化の視点から中国製LiBを採用していく計画だ。
既に、LiBを組み込んだポータブル蓄電システムも開発しており、内蔵するUPS(無停電)機能により、停電時の電力確保を可能にする。PCSをコア製品としながら、蓄電池とのベストミックス戦略を推進することで、理想的なエネルギーマネギメントを実現させていく。
10月31日の決算発表では、上期の連結経常利益は前年同期比2,6倍の58,6億円に急拡大し、通期計画の95億円にたいする進捗率は61,7%に達し、3年平均の43%も上回っている。
同時に、今期の年間配当を従来計画の10円→13円(前期は7円)に大幅に増額修正している。株価は9月22日の高値1850円から大幅に下落しており、調整十分とみて注目してみたい。
2014/11/10 8:00