ラオックス(8202)【新宿に同社最大の大型店舗を出店、業績拡大に弾み!】


コンセック  [9895] 東証JQ部 時価:167円

ラオックス(8202)は、新宿三丁目に「ラオックス新宿本店」を出す。ビルの5階から8階を借り店舗面積は約2100平方メートルになる。飲食や休憩スペースも設け、「くつろげる新しい免税店のモデルを作る」としている。
昨年11月に旗艦店である「ラオックス銀座本店」を開業、当初発表した目標年商30億を大幅に上回るペースで成長しております。今年に入りましても、7店舗を新たに出店し、全国ネットワークを広げており、15年は「10店以上の出店を目指す」(羅社長)。
日本政府観光局より発表されている、今年9月までの訪日外客数は、2013年2月より20か月連続で前年比増(17.1%増〜41.2%増)であり、1〜9月の累計は973万人と昨年年間実績の1036万人に迫る勢いとなっています。
新宿は、世界一の乗降客数を誇るターミナル駅であり、日本で最大級の商圏のひとつと言うことができます。近年では、外国人観光客の姿も多く見られ、東京都の「平成25年度国別外国人旅行者特性調査」によると、訪問した場所、一番期待していた場所、一番満足した場所のいずれの最多も新宿であり、実に55.6%が、新宿を訪れたと回答していることからも、訪日外国人観光客に認知度の高いエリアということができます。
同社は、「ラオックス新宿本店」を旗艦店と位置付け、増加する海外からのお客様のニーズに応えるべく、新たな商品やサービスを導入する方針です。 今回掲げるコンセプトは、「JapanPremium」。これまで同社が培ってきた海外のお客様にご満足いただける店舗を更に進化させ、多言語対応、スムーズな免税処理で欲しい商品が買えるだけでなく、お買い物を楽しんでもらえるよう、これまでにない商品の魅力やくつろぎの空間を提供し、驚きと感動を与えられる日本ならではおもてなしを表現した、「プレミアム」な店づくりを目指しとしており、今後の業績拡大が予想されることから、押し目を積極的に狙っていきたい。
2014/11/18 7:15