国際計測器(7722)【タイヤメーカー向けバランシングマシンが好調!】


国際計測器  [7722] 東証JQ部 時価:2,069円

国際計測器(7722)は遠心力のバラツキを測るバランシングマシンの大手で、自動車業界が主力販売先で、海外生産比率が高い。業績は絶好調で、同社は11月6日の決算発表において、15年3月期第2四半期の連結経常利益は前年同期比3,0倍の17,9億円に旧拡大し、通期計画の27億円に対する進捗率は66,4%に達し、4年平均の16,6%も上回った。9月末受注残高は146億円で前年同期比30%増となった。後半も増産効果により会社計画を上積みし、最高純益を更新した。
16年3月期も中国のタイヤメーカー向けのバランシングマシンが好調で連続営業増益の見通しである。国内においては電気サーボモーター式振動試験機が徐々に起動に乗り、今後は海外市場に展開する方針である。今後はインド、インドネシアを標準にバランシングマシンを拡販する予定である。株価は高値圏にあることから、押し目を狙いで対処していきたい。
2014/12/02 8:50