東邦チタニウム(5727)【環境対応型のプロピレン(PP)重合触媒を開発!】

東邦チタニウム  [5727] 東証1部 時価:811円

東邦チタニウム(5727)は機能化学品事業を強化する。このほど環境対応型のプロピレン(PP)重合触媒を開発し、現在ユーザーでサンプル評価を実施している。
欧州REACH規制による第四世代触媒の化学物質制限強化に対応するもので、欧州をはじめ世界的に需要が見込める。
REACHは化学物質とその安全な使用・取扱・用途(Use)に関する新しい欧州連合 (EU)の法律であり、化学物質が惹起する可能性のあるリスクから人の健康と環境の保護を高めつつ、EU化学産業の競争力を高めるものであり、産業プロセスで使用取扱される物に適用されるばかりでなく、日常生活、例えば、洗剤、塗料中で使用取扱されている物にも、更に、衣類や家具や電気器具のような物品中で使用取扱されている物にも適用される。したがって、この規則はEU全域の大部分の企業に大きな影響を与えるものである。
同社は近く量産体制を確立し、本格販売に備える計画。また、電子材料においてもハイエンドハイエンド積層セラミックコンデンサー(MLCC)向けの先端材料の市場開拓を進めている。新製品の拡販に努め、早期に10%以上の収益拡大を目指すことになる。
又、同社は10日、サウジアラビアでスポンジチタンを生産する合弁契約を現地メーカーと締結したと発表した。35%を出資する合弁会社を2015年3月までに設立し、同年5月に新工場の建設に着工し、17年5月の完成を予定する。生産能力は年1万5600トン。
 サウジアラビアは電気代が安く、日本に比べて大幅なコスト削減を見込まれることから、業績拡大の恩恵が得られるでしょう。
2014/12/11 8:25