日本化学産業(4094)【住友鉱から、2次電池用正極材の製造工程の一部を受託!】

日本化学産業  [4094] 東証2部 時価:825円

日本化学産業(4094)は、多品種少量の工業用薬品・電池材料・建材を主体とするか化学メーカーであるが、顧客が分散していることから、業績に安定感があるのが特徴。
注目したいのは、米国テスラモーターズ向けのリチウムイオン電池用正極材の伸び。米国テスラモーターズは世界的な高級EV車メーカーであり、環境汚染が進む中国など含めてグローバルで今後さらに伸びが期待される企業。米テスラはパナソニックと提携関係にあり、そのEV車の心臓部である電池は100%パナソニック製。そのパナソニックに、電池材料となるニッケル酸リチウムを供給するのが住友金属鉱山という関係。その住友鉱山は需要増を背景に生産能力の増強を決定済み。
同社は、住友鉱山からニッケル酸リチウムの製造工程の一部を受託することになり、収益貢献してくる。受託生産は来年3月からであり、来期から収益拡大に寄与してくる。
BPSは1397円で、PBRは0,61倍と割安であり、利益剰余金も254億と財務体質も万全な事から注目して良いでしょう。
2014/12/22 7:50