ハーツユナイテッドグループ(HUG:3676)【「デバッグ×自動車」で新たな市場を開拓!】

ハーツユナイテッドグループ  [3676] 東証1部 時価:1,927円

ハーツユナイテッドグループ(HUG:3676)はモバイル向けゲームソフトの不具合(デバッグ)の検出が主力で、13年10月に持ち株会社体制に移行したことによって、同社のサービスはモバイルコンテンツやアミューズメント機器から業務系システムや自動車までその対象領域を拡大してきている。業績は順調で、15年3月期第2四半期売上高は前年同期比133,1%増の61,99億円、営業利益も同84,2%増の7,23億円となりました。下期はネイティブアプリ開発の稼働が本格化することや、デバッグ事業が好調に推移し、更に、M&Aにより新たなクリエイティブ事業の収益が伸びることなどから、売上、利益とも大幅な増加が予想され、5期連続増収増益を達成する見通しである。
特に、新たにデバッグの提供する自動車は、搭載されるソフトウェアの複雑化や自動運転システムの開発活発化などを背景に、不具合のない製品開発に対するニーズがこれまで以上に高まっていることから、同社は株式会社ZMP(東京都文京区:社長 谷口 恒)と「自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集実験代行に関する事業」を行う合弁会社を平成27年1月15日(予定)で設立すると発表しております。
株式会社ZMPは自動運転ロボットなどのベンチャー企業で、2015年にも東証マザーズに上場予定を注目されている有望企業であることも、HUGが注目される材料となるでしょう。
株価は2月28日の高値3570円から半値まで調整済であることから、押し目を丹念に拾ってみたい。
2014/12/29 8:30