FFRI(3692)【個人向けセキュリティソフトの企業化を決定!】


FFRI  [3692] 東証M部 時価:5,480円

近年、急激に増え続けるマルウェア(コンピュータ・ウイルス、スパイウェアなど、悪意のある目的を持ったソフトウェアやプログラム)による攻撃に対しては、従来のパターンマッチング型のアンチウイルスソフトだけでは対抗することが難しくなっています。最近では、悪意の第三者により日々膨大な数のマルウェアが作り出されており、アンチウイルスソフトは、パターンファイルの作成及び配信が追い付いていない状況です。更に、高度なサイバー攻撃に使用されるマルウェアは、アンチウイルスソフトでは、検知されない未知のマルウェアが使用されているという現実もあります。
そして、昨日は独立行政法人の情報推理機構(IPA)が、2013年度にサイバー攻撃を受けた国内企業の比率が前年度比5ポイント増の19%と過去最悪になったとの調査結果を公表しています。機密情報を盗み出す「標的型サイバー攻撃」を受けた企業はそのうち3割を占め、国内企業の情報を狙われている実態が改めて示されており、その対抗措置が急がれていた。
そこで、FFRI(3692)は現在、法人向けだけに販売している「FFR yarai」を個人向けにチューニングした、個人向けセキュリティソフト「FFRI プロアクティブ セキュリティソフト」の発売を決定しました。「FFRI セキュリティソフト」は、誰にでも使いやすいセキュリティソフトであり、4月1日から販売を開始すると発表しました。
同社は企業向け、個人向けの両方の「標的型サイバー攻撃」から対抗出来る唯一の「セキュリティソフト」メーカーであり、今後の売上が急増することが予想され、注目しておきたい。
2015/01/16/ 8:30