堺化学(4078)【世界初!化粧品新規原料「トーンチェンジパウダー」を開発】


堺化学  [4078] 東証1部 時価:405円

堺化学(4078)は、1918年の創立から無機化合物に高度な機能を与える「粉体プロセッシング技術」、無機から有機への展開で培った「有機合成技術」、医療・健康分野の様々なニーズに応える「医薬品製造技術」による事業を展開している企業です。
そして、同社はロート製薬(4527)と共同で、紫外線を吸収し赤色光を発光する新規原料「トーンチェンジパウダー」を世界で初めて開発に成功しております。
これは、アルミニウム(AI)とカルシウム(Ca)の複合酸化物を母体とした物質にマンガン(Mn)を置換したもので、紫外線を受けることでマンガンが紫外線を吸収し、光を赤色波長に変え、発光します。この新規原料「トーンチェンジパウダー」は化粧品への配合により肌を美しく見せるだけでなく、紫外線を味方に付けるような効果を持つ、全く新しい機能性化粧品へ応用することが可能になり、世界の女性を魅了する化粧品の開発に道筋をつけたことになります。
更に、同社は水相でも安定な微粒子酸化亜鉛および微粒子酸化チタンの分散体を開発しました。微粒子酸化亜鉛では初めて、微粒子酸化チタンも従来品より高い性能でキシミやザラツキなどの感触、白さなどを抑えることに成功しました。これにより高濃度化を実現、酸化亜鉛系で60重量%(wt%)、酸化チタン系で50wt%を可能とし、処方の自由度を向上できる。年明けからサンプル評価に入っており、16年春発売の化粧品への採用を目指しております。
同社は、現在自社株買いを実施中(250万株、上限10億円、1/5〜4/3まで)であります。
又、PBR0,55倍と会社解散価値の半値に放置されており、株価指標面でも見直しの余地が大きく、注目しておきたい。
2015/01/27/8:20