ドン,キホーテHD(7532)【今期経常を5%上方修正・最高益予想を更に上乗せ!】


ドン,キホーテHD  [7532] 東証1部 時価:8350円

ドン,キホーテHD (7532) が昨日決算を発表し、15年6月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比13.8%増の240億円に伸びた。併せて、通期の同利益を従来予想の356億円→375億円(前期は354億円)に5.3%上方修正し、増益率が0.3%増→5.7%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。直近3ヵ月の実績である10-12月期の連結経常利益は前年同期比23.5%増の132億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の6.6%→7.3%に改善した。
同社は「格安の殿堂」を掲げた「ドン・キホーテ」を主力業態に、2014年6月期末で286店舗を展開している。権限委譲型の組織運営を主体とした独自性を武器に、安定成長が続いている。
更に、ディスカウントストアとしての低価格追求と同時に、付加価値型商品の販売強化など粗利率の改善を目指す。
3月の電子マネー「majica」導入による販促効率の改善、更に10月に免税制度が変更され、食品、化粧品、医薬品なども含めて全品免税対象化されたほか、免税手続きも簡素化されたことから、10月から訪日外国人向けに「YOKOSO! JAPANPASS」を運用開始。インバウンド需要が大きい新宿を皮切りに、地域の飲食店など加盟店で貯めたポイントを、同社店内の端末で同社商品券または現金で引き出しが可能となった。又、アプリ多言語化、無料Wi-Fiの 導入、免税告知の徹底なども進めてきたことから26期連続の最高益更新となった。
又、同社は本日2月9日に訪日外国人観光客向けの予約サイト「ウェルカム予約サイト」を開設し、訪日外国人向けサービスを強化していく方針であります。更に、春節やお花見などで多くの外国人観光客が来日される観光シーズンを前に多彩なインバウンドサービスを展開するとしていることから押し目は注目しておきたい。
2015/02/06/ 8:55