明豊ファシリティワークス(1717)【今期経常を30%上方修正で最高益更新、1円増配!】


明豊ファシリティワークス  [1717] 東証JQ部 時価:273円

明豊ファシリ(1717)が昨日決算を発表し、15年3月期第3四半期の経常利益は前年同期比55.8%増の4.1億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の4億円→5.2億円(前期は3.8億円)に30.0%上方修正し、増益率が3.9%増→35.1%増に拡大し、従来の6期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当研究所が試算した10-3月期の経常利益も従来予想の2.5億円→3.7億円(前年同期は1.8億円)に47.4%増額し、増益率が39.0%増→2.0倍に拡大する見通しとなった。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の7円→8円(前期は6円)に増額修正した。
難易度の高いオフィス統廃合案件、学校・病院・工場などでのCM(コンストラクション・マネジメント)の採用が進んだほか、地方自治体等の公共マーケットでもCMの認知度が向上し、予算を大幅に超過する受注を獲得、大幅増収増益となる格好に。国土交通省が行なうモデル事業の一つ、新城市庁舎建設案件についても今期支援業務を受託し対応している。
工事原価を含まない形式の工事が増加したため売上高は想定を下回る格好だが、同社の実態を表す粗利益ベースの受注は想定を上回っており、かつ過去最高記録を更新しており、押し目は注目したい。
2015/02/10/8:00