カカクコム(2371)【「食べログ」とLINEが提携し加盟店舖の拡大目指す!】

カカクコム  [2371] 東証1部 時価:1,866円

カカクコム(2371)は2月5日に、LINE(東京都渋谷区)との間で、店舗向けサービスの提供を推進する業務提携を締結したと発表した。
無料通話・無料メールアプリ「LINE」で展開するビジネスアカウント「LINE@」の店舗ページと、カカクコムが運営するグルメサイト「食べログ」の店舗ページの相互連携を開始するというもので、「食べログ」が提供する有償サービスを契約した店舗が、合わせて「LINE@」にも加入すると、「食べログ」掲載ページに「LINE@」の友だち追加ボタンの掲載が可能となるほか、「LINE@」店舗ページにも「食べログ」店舗ページへ遷移する食べログアイコンが表示され、双方の店舗ページでの連携が可能となるというもの。店舗にとっては「食べログ」内での掲載を通じた認知拡大や新規来店促進だけでなく、ユーザーが「LINE@」で店舗のアカウントを追加することで、初回来店後も継続的な情報発信が可能となり、再来店促進を見込むことができることから、有償サービス契約店舗の拡大が期待出来る。
同社の今15年3月期第3四半期の連結決算は、売上高257,34億円(前年同期比22.3%増)、営業利益117,91億円(同14.4%増)、純利益76,9億万円(同20.7%増)と2ケタ増収増益を達成。加えて未定として期末一括配当を16円(前期実績12円50銭)とした。
「価格.com」でドリンクや洋酒カテゴリーの価格比較化、保険カテゴリーの専門家によるレビュー掲載を開始。また、「食べログ」では、ANAマイルが貯まるネット予約キャンペーンの実施や、ネット予約利用可能店舗数の拡充を行っており、これらの取り組みが奏功している。
 通期業績は売上高365億円(前期比22.4%増)、営業利益173億円(同17.8%増)、純利益110億円(同21.3%増)の従来見通しを据え置いているが、「LINE@」で店舗のアカウントを追加することで、有償サービス契約店舗の拡大が期待出来ることから、上方修正になる可能性が高く、押し目を注目しておきたい。
2015/02/12/8:00