アクリーティブ(8423)【「外貨によるレジ精算サービス」の提供開始!】


アクリーティブ  [8423] 東証1部 時価:221円

アクリーティブ(8423)は、ドンキホーテHD(7532)の子会社で、「売掛債権の早期買取サービス(FPS)」、「支払い業務等のアウトソーシング」、「オーダーメイドの金融サービス」を主な業務としている。同社は、インバウンドのソリューションとして、「「外貨によるレジ精算サービス」を本日(18日)より開始すると発表した。
これは従来のカード決済や日本円での支払いに加え、中国元・台湾ドル・韓国ウォン・タイバーツ・香港ドル・米国ドル・ユーロによる支払いが可能になったことです。2014年の訪日外客数が過去最高の1,340万人を超え、その市場規模は2兆円以上とも言われるインバウンド市場は、今後さらなる成長が期待できる市場として、流通小売事業者のみならず、政府及び観光産業などから多くの注目を集めております。
訪日する外国人旅行者の声をいち早く取り入れ、さらなる購買需要を喚起することで、同社はもとより、本サービスを導入される事業者の付加価値の向上と経営数値に大きく貢献し、さらには観光立国への実現に寄与できるサービスを提供すことによって、業績向上に貢献することでしょう。
とりあえず、ドン・キホーテグループが全国で運営する275店舗のうち、免税販売などインバウンド向けサービスを特に強化している20店舗において提供を開始することになりました。
業績については2月5日に決算を発表。15年3月期第3四半期の連結経常利益は前年同期比18.4%増の11.3億円に伸び、通期計画の13億円に対する進捗率は87.0%に達しており、順調に回復して7期ぶりに復配となることから、中長期で注目しておきたい。
2015/02/18/ 8:00