東京一番フーズ(3067)【「とらふぐ亭」宅配テレビショッピング開始!】


東京一番フーズ  [3067] 東証M部 時価:534円

東京一番フーズ(3067)は東京(首都圏)中心に49店舗の「とらふぐ亭」を運営する一方、長崎県に100%子会社の長崎ファームが「平戸養殖場」で、とらふぐの養殖からクロマグロやヒラマサの養殖を行っている、「国産とらふぐ」取扱高トップシェアの総合水産ベンチャーであります。
同社の強みは「産地直送」によりトレーサビリティの徹底された安心・安全な高級食材を提供できることにあります。また、東京塩浜に自社の加工場をもっていることから、加工ふぐの拡販体制が出来上がっています。
そこで、「泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭」の商品力を店舗以外のお客様に味わって頂くために、昨年より自社加工場にて「とらふぐ亭宅配セット」の生産を開始していましたところ、品質・価値・利便性を徹底してお客様にお届けするという株式会社GVCジャパン(GVC)の理念と同社の方針が決定したことから、今回株式会社GVCジャパンの提供するテレビショッピングにて同社の商品を販売することになりました。
今後、中食・内食が拡大していく中、同社はとらふぐ亭の高品質でお値打ち感のある価格で提供するというこだわりを店舗だけでなく、全国販売していくことで、ふぐ文化の拡大を図っていくことに貢献することになるでしょう。
尚、今年5月に開幕する「食」がテーマとなるミラノ万博向けに、EU=ヨーロッパ連合に対しては輸出が規制されていた「かつお節」と「ふぐ」が特別に輸出できることになりました。農林水産省だは今回の措置で本格的な和食を味わってもらい、和食をアピールしたい考えであることから、「ふぐ」や「クロマグロ」「ヒラマサ」等を自社の「平戸養殖場」で養殖して供給していることから、同社の養殖ビジネスが拡大することが予想されます。
2015/02/24/8:50