リクルートホールディングス(6098)【子会社がオンライン学習を月980円で!】


リクルートホールディングス  [6098] 東証1部 時価:3800円

リクルートホールディングス(6098)は(1)「ホットペッパーグルメ」などを運営する販促メディア事業(2)大学生向け就職サイト「リクナビ」などを展開する人材メディア事業(3)「リクルートスタッフィング」など依頼主である企業に派遣社員を斡旋する人材派遣事業 ― の3事業を展開している。
今期の売上高は前期比9.1%増収の1.3兆円、EBITDA(広義営業利益)は同5.7%増益の1,910億円と堅調な業績が予想される。特筆されるのは、各事業で中長期的な観点で利益成長機会が豊富にあることである。中でも、販促メディア事業の即予約システムビジネスが期待できる。
オンライン上の即予約システム事業では、「ホットペッパーグルメ」のネット予約人数は今期1〜2Q 累計900万人(月平均150万人)から1〜3Q 累計1,696万件(同188万人)と増加し、「ホットペッパービューティー」のネット予約件数も同1,341万件(同223万件)から同2,120万件(同236万件)と拡大した。更に、アカウント数10万件を超えた「Air レジ(中小企業向けの業務支援アプリ)」は今後、飲食領域から様々な領域にも水平展開する計画だ。このシステムは現在広告主に対して無料で提供される。
企業の広告予算に加えて、IT投資を取り込むことで利益成長に繋げる取り組みに注目できる。
更に本日、リクルートホールディングス(の子会社のリクルートマーケティングパートナーズ(東京・千代田)は2日、小中学生向けのオンライン教育サービス「勉強サプリ」を始めたと発表した。月980円(税別)の定額で授業の動画や問題集が利用できる。
 小学4年から中学3年が対象で、パソコンやスマートフォンで使える。進学塾の有名講師ら、1500時間分の授業の動画を配信する。国語や算数などの主要教科のほか、プログラミングやプレゼンテーションの講座も用意する。
 間違えた問題を繰り返して出題して苦手分野を克服できるようにする。問題を解くとキャラクターが成長するなどのゲームの要素を取り入れる。保護者には子供の学習状況をメールで報告する。
このようなことを考慮して中長期的な視点でリクルートホールディングスに注目しておきたい。
2015/03/03/8:50