サイネックス(2376)【「ふるさと納税」税金軽減上限2倍に 15年度から拡充検討!】

サイネックス  [2376] 東証JQ部 時価:1460円

サイネックス(2376)は14年から、ふるさと納税の活性化支援事業として、地方自治体を顧客として情報サイトを通じた同制度の魅力発信から申し込み、決済システム提供、特産品発送業務まで一括代行するサービスを始めており、先月も千葉県の山武市と契約を結んだばかりですが、今後も一段と契約が増加する可能性がでてきました。
「ふるさと納税がお得!」と多くのメディアで語られていますが実際、なぜお得なのか?
ふるさと納税とは簡単に言うと「地方へ寄付をすること」です。寄付をすればするほど、たくさんの特産品をもらうことができ、しかも寄付した代金のほぼ全額が戻ってくるというお得な制度なんです。
何カ所に寄付をしても合計寄付金額から2000円を除いて所得税・住民税から控除されるため、
たった2000円でたくさんの特産品をもらえるという訳です。今までも十分お得な制度だった「ふるさと納税」ですが、2015年からは更にお得になるということです。
それは、(1)確定申告をしなくてもいい。今までは確定申告の際に寄付金を申告しなくてはいけなかったのですが2015年からは確定申告の必要がなくなるので面倒な作業がなくなります。(2)2倍の額を寄付できる。更に、寄付金上限がなんと2倍になるため、今までの倍の額を寄付することが可能になります。これは今までの倍の特産品をもらえるということです。(3)申請がめちゃくちゃ楽になります。今まで個別に申請作業が必要だったふるさと納税がポータルサイト「さとふる」の登場により
今までの何倍も簡単に申請することが可能になりました。欲しい特産品をカートに入れて決済するだけで申請でき、2015年から対応自治体が増えていく予定なのでかなり楽になります。このように今までの2倍の額の特産品がもらえ、確定申告は不要になり、更に申請作業も何倍も簡単になったため、2015年からふるさと納税を利用する人々が一段と増加することが予想されるからです。

2015/03/04 8:30